これを知らなきゃ始まらない!栄養学の型『五大栄養素について紹介します』

これを知らなきゃ始まらない!栄養学の型『五大栄養素について紹介します』

私たち人は、食物から栄養成分を摂取することで生きていくことができます。この栄養成分は大きく五つに分けられ『五大栄養素』と呼ばれています。

つまり私たち人は食物から五大栄養素を体内に取り入れなければ生きていけないということです。

五大栄養素はそれぞれが連携しあいながら、生きていくために必要なエネルギーを産み出したり、身体の構成成分となったり、様々な生理機能を調整するなど活躍します。

栄養学の勉強を始めるうえで、この五大栄養素についての知識は必須で、栄養学の型(基礎)となる部分です。
本記事では人の身体にとって重要な役割を果たす『五大栄養素』について解説します。

説明!三大栄養素と五大栄養素の違いと役割

【三大栄養素と五大栄養素】

私たち人は、食品からエネルギーや栄養素を取り入れることで生命活動を行うことができます。

私たちが生命活動を行うための主要なエネルギー源となる栄養素は三大栄養素と呼ばれ、炭水化物(糖質)、たんぱく質、脂質を指します。

この三大栄養素に、生命維持や三大栄養素のサポート役として不可欠なビタミン、ミネラルを加えた五つの栄養素を五大栄養素といい、毎食取り入れることが推奨されます。

三大栄養素と五大栄養素の分類と役割

炭水化物!それは糖質と食物繊維の総称

炭水化物はお米やパン、麺など穀類に多く含まれています。

炭水化物は「糖質」と「食物繊維」の総称で、炭水化物のうち糖質は私たちの身体の主要なエネルギーとなり、特に脳や筋肉(骨格筋)など生命維持に必要な臓器のエネルギー源となります。

食物繊維は人の消化酵素では消化できない難消化性成分です。

便の量や固さを調整するなど腸内環境を正常に保つのに一役買う栄養成分です。

炭水化物に関する記事はこちら!

アミノ酸がたくさん集まってできるたんぱく質の役割

たんぱく質は肉類や魚類、大豆製品に多く含まれています。

私たちの筋肉(骨格筋)や骨をはじめとする私たちの身体の構成成分であり、身体を作る材料となります。

たんぱく質はアミノ酸が集まってできているため、アミノ酸の摂取源となります。

身体のためにも毎食摂取したい栄養成分です。

たんぱく質に関する記事はこちら!

摂りすぎ注意!脂質の役割

脂質は動物の脂肪や植物の油に多く含まれています。

私たちの体脂肪やホルモンなどの生体材料であり、糖質やたんぱく質の2倍以上のエネルギーを持つため、少量で多くのエネルギーを摂取することができます。

皮下脂肪や内臓脂肪など体脂肪の材料となることから摂りすぎに注意しましょう。

超微量で大活躍!ビタミンの役割

ビタミンは植物性食品や動物性食品など広く含まれており、生命維持に不可欠な栄養素です。

私たちの体内ではほとんど合成されないため、毎食食事から摂取する必要があります。

mgや㎍といった微量で生理機能を調整するため「微量栄養素」と呼ばれています。

不足していませんか?ミネラル(無機質)の役割

ミネラルは酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)を除いた無機物(元素)の総称で、無機質とも呼ばれます。

ビタミンと同様に体内でほとんど合成されないため、毎食食事から摂取する必要があります。

微量で生理機能を調整するため「微量栄養素」と呼ばれています。

廣瀬 直樹【Hirose Naoki】

廣瀬 直樹【Hirose Naoki】

管理栄養士、2ッ星栄養コンシェルジュ®、スポーツ栄養実践アドバイザー®
【プロフィール】大学を卒業後、病院の管理栄養士として生活習慣病、腎・肝臓疾患、外科領域の治療や予防的管理(NutritionSupportTeam)に取り組み、学会や論文として報告してきた実績を持つ。
現在はOriginal Nutrition(株)と栄養コンシェルジュ協会の運営に関わり、スポーツ専門学校での栄養学講師、行政と連携した乳幼児健診やシニアの栄養管理、アスリートサポートや執筆活動に取り組んでいる。
様々な専門家との連携による相乗効果で、目的に応じた結果の最大化を誰もが享受できる社会を目指し活動中。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 勉強
  3. 栄養コンシェルジュ®
  4. セミナー
  5. 資格
  6. 生活習慣病
  7. レシピ
  8. 三大栄養素
  9. ダイエット
  10. スポーツ
  11. 五大栄養素
  12. お酒
  13. たんぱく質
  14. 炭水化物
  15. 女性
  16. 糖質
  17. 食品
  18. ミネラル
  19. バレエ
  20. 脂質
  21. 母子栄養
  22. ビタミン
  23. 糖尿病
  24. 子ども
  25. 栄養学
  26. 食物繊維
  27. 料理教室
  28. 赤ちゃん
  29. 鶏肉
  30. カテゴリー3
  31. 野菜
  32. 料理
  33. 枝豆
  34. アミノ酸
  35. 筋肥大
  36. 必須アミノ酸
  37. アスリート
  38. バスケットボール
  39. ジュニアアスリート
  40. 妊娠
  41. サラダ
  42. ドレッシング
  43. パーソナルトレーナー
  44. 食べ物
  45. 脂肪酸
  46. 食文化
  47. 調味料
  48. グルコース
  49. 食品カテゴリーマップ
  50. 時短
  51. 豚肉
  52. パスタ
  53. サバ
  54. 大豆製品
  55. 大豆
  56. カルシウム
  57. 宮崎県
  58. チキン南蛮
  59. 東洋医学
  60. メディカル
  61. トレーナー
  62. 砂肝
  63. 便利サイト
  64. 調理師
  65. 鉄火丼
  66. マグロ
  67. メタボ
  68. ピラティスインストラクター
  69. 理学療法士
  70. 高校生
  71. オンライン
  72. トレーニング
  73. カテゴリー2
  74. 体タンパク
  75. 主菜
  76. 管理栄養士
  77. 栄養士
  78. アミノ酸代謝
  79. プロテイン
  80. 筋トレ
  81. 看護師