トレーナー が選ぶ 栄養学 講座 セミナー!栄養コンシェルジュ。パーソナル 、ボディメイクに不可欠な技術を習得!競技者とアスリートからも信頼される資格とは!その内容・難易度・合格率・料金・満足度・取得後の仕事を紹介

トレーナー が選ぶ 栄養学 講座 セミナー!栄養コンシェルジュ。パーソナル 、ボディメイクに不可欠な技術を習得!競技者とアスリートからも信頼される資格とは!その内容・難易度・合格率・料金・満足度・取得後の仕事を紹介

栄養コンシェルジュは、栄養学の勉強がしたい方、食の資格を取りたい方、栄養を学んで仕事につなげたい方から支持される資格です。
主に現場で活動するパーソナルトレーナーやインストラクター、医療従事者の多くが取得しています。
近年のヘルスケアの注目により、会社員や主婦、保育士など健康や食育に興味を持ち、栄養学をきちんと学びたかった方々の取得が急増しています。
注目の背景には、医学博士、医師、管理栄養士、調理師、臨床検査技師、臨床心理士、オリンピックメダリストによってつくられた信頼と、全国の専門学校や病院など医療機関にもカリキュラムとして導入されている安心のカリキュラムがあります。
本記事では、科学的根拠(エビデンス)に基づく実践的な内容で運動指導者の受講が急増している「栄養コンシェルジュ」について、講座で学ぶことができる内容、難易度、合格率、評判、料金、取得後の仕事についてまとめます。

栄養コンシェルジュとは - カリキュラムに関わる理事・評議員 -

栄養を基礎から応用まで学ぶことができる栄養コンシェルジュ資格講座は、科学的根拠に基づいた実践的で分かりやすいカリキュラムが魅力

栄養コンシェルジュは栄養学を誰もが学べるように、生きていく上で不可欠な栄養知識を網羅し、かつ、ダイエットや身体作り、スポーツ、家族の健康管理・増進、医療現場で実践することを目的にしたカリキュラムと教科書、豊富な応用ツールを用いて実践的栄養学の習得を目的に創設されました。

毎日の生活に欠かせない食品や食品に含まれる栄養素の知識を身につけることができ、自分や家族はもちろん、クライアントの栄養管理に必要な身体の知識(胃や腸など内臓、健康診断結果の分析、細胞)を学べ、活かすことができる民間資格です。

多くの専門家により監修された質の高いカリキュラムで病院やクリニックにもスキルアップカリキュラムとして導入されており、医療関係者(看護師、医師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師、臨床検査技師など)や運動指導者の受講が増えています。

 

【栄養学の資格取得を考える際のポイント】

・資格の発行元団体や理事の信用と専門性を確認しよう

・国家資格である管理栄養士が関わっていることが必須

・栄養学は医学的な学問なので、感情論や流行りに惑わされない論理的な思考と、最新の情報を得て応用ができる医学博士や病院医師が教材を監修していること

 

栄養学の民間資格を調べてみると、管理栄養士など栄養の専門家ではない方が独学で学んで創設した資格や、病院など臨床経験がなく会社員を経て独学により資格化したものや、スポーツにのみに特化した資格が検索で見つかります。

 

栄養コンシェルジュのカリキュラムに関わる専門家は以下となります。

☑ 管理栄養士(国家資格):5名

☑ 医師(国家資格):3名

☑ 博士(医学):4名

☑ 博士(生活科学):1名

☑ 臨床検査技師(国家資格):3名

☑ 公認心理士(国家資格):1名

☑ 精神保健福祉士(国家資格):1名

☑ 調理師(国家資格):1名

☑ オリンピックメダリスト:1名

信頼できる多くの専門家が集まりつくられた資格であることがわかります。

つまり、栄養コンシェルジュが栄養学の資格として人気がある秘密は、この信頼できる専門家によりつくられたカリキュラムだからです!

この高い信頼から、栄養コンシェルジュは次世代人財育成をすすめる全国の専門学校(学校法人三幸学園)の授業カリキュラムに導入、病院など医療機関で働く医療従事者のスキルアップとして導入、トップアスリートが経営するジムやプロ野球チームにも導入されています。

【代表理事】

☑ 岩崎 真宏(医学博士、管理栄養士、臨床検査技師、煎茶道 黄檗売茶流 教授)

【理事】

☑ 朝原 宣治(北京オリンピック 男子陸上4×100mリレー 銀メダリスト)

☑ 田村 行識(医学博士、管理栄養士、臨床検査技師、神戸学院大学栄養学部生理・生化学部門講師)

☑ 安原 章浩(医学博士、医師、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医・指導医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会専門医、日本病態栄養学会指導医、日本医師会認定産業医 / 専門分野:糖尿病・腎臓病・臨床栄養・一般内科)

【評議員】

☑ 岩本 航(医師、江戸川病院スポーツ医学科部長、日本整形外科学会専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、南葛SCチームドクター、ゼロファイターズ チームドクター、東邦大学医学部医学科 客員講師、慶應大学スポーツ医学科共同研究員、日本整形外科学会スポーツ委員会委員、日本体操協会医療サポート委員、大江戸エコー研究会 代表世話人、江戸川スポーツ医学研究会 理事長、株式会社encounter 代表取締役)

☑ 上村 公介(医師、日本内科学会認定内科医、南葛SCチームドクター)

☑ 武智 小百合(医学博士、公認心理師、精神保健福祉士、臨床検査技師)

☑ 松本 佳也(管理栄養士、博士 生活科学、大阪公立大学 生活科学部 食栄養学科 栄養診療学研究室 准教授)

☑ 土生 亜衣(管理栄養士、調理師、日本最大級の某料理教室講師)

☑ 廣瀬 直樹(管理栄養士、一般社団法人地域QOL研究所 理事、Original Nutrition株式会社 代表取締役、専門学校 栄養学講師)

栄養コンシェルジュを取得したトレーナーの感想、難易度や合格率

教材の内容と情報量の充実さ: 95.7点

講習全体の充実度: 97.3点

栄養コンシェルジュ受講者アンケートでは高評価となっています!

【高評価の理由とは】

① 豊富な教科書とツールを用いて学習できる

② 医学や栄養学の知識に自信がなくても分かりやすく楽しい

③ 現場経験豊富な講師が何回でも丁寧に質問に答えてくれる

④ 録画や添削だけの一方向の学びではないので確実に理解しながら学んでいける

⑤ おかわり受講(再受講)制度で繰り返し講座に参加できる

難しいはずの医学や栄養学の内容を丁寧に教えてもらえるので、充実度が高く、初めて栄養学を学ぶ方でも安心です。

【合格率について】

合格率:100%

栄養コンシェルジュ講座は既定のカリキュラムを修了した時点で資格を取得することができます。

この仕組みは、「栄養士」免許、「食品衛生責任者」国家資格、「司書補」国家資格など所定カリキュラムを修了して取得できる資格と同様です(資格試験無し)。

栄養コンシェルジュ資格取得後は、おかわり受講(再受講制度)で繰り返し知識の確認や修得が可能です。

さらに、栄養コンシェルジュ取得者限定の無料オンラインサロンが毎月あり、最新の栄養情報共有はもちろん、講師に質問ができるなど生涯学び続けることができる驚きのアフターサポートで安心です!

栄養コンシェルジュ講座で学ぶことができる内容

栄養コンシェルジュには1ッ星コースと2ッ星コースがあります。

【1ッ星コース】

男女別、年齢別、身体活動量別などを踏まえて家族や友人、クライアントの栄養管理やサポートが可能になります。

栄養学の基本からダイエット、身体作り、ボディメイク、食育、健康管理など幅広いシーンに必要な知識・技術が修得できます。

【2ッ星コース】

代謝や遺伝、栄養機能、健康診断結果(血液生化学検査)などを踏まえてパーソナライズされた栄養コンサルティングが可能になります。

より実践的で、個別対応による減量、ボディメイク、健康増進、高齢者、アスリート、生活習慣病など疾患に対応できる高度なスキルが修得できます。

【1ッ星&2ッ星セットコース】

1ッ星コースと2ッ星コースを同時に申込み、取得できるコース(推奨

82%の方がセットコースでお申込みされています。

※受講料のセット割引があり、お得に受講可能

※看護師など医療に携わるの受講者のほとんどが2ッ星コースまで受講されます

1ッ星コースで学べる内容の詳細

1ッ星コースは1日6時間の講習を2日間実施します。

全12時間(2日間)の講習を経て1ッ星栄養コンシェルジュ®の資格を取得・認定されます。

※講座は録画ではなくリアルタイム受講(実地での受講とオンラインでの受講を選択可能)となりますので、講師に直接質問が可能です。

1ッ星コースでは、多くの専用ツールと教科書を用いて、栄養学の基本となる「食品の知識」と「身体の知識」を学びます。また、カロリー計算についての知識まで修得できるので、栄養学を〝質的な指導〟だけでなく〝量的な指導〟まで可能にします。

第1日目の講義内容

1ッ星栄養コンシェルジュ® 第1日目で学べる内容について

多くのツールを用いて、栄養学の基本となる「食品の知識」と「身体の知識」を学びます。

講座第1日目に使用する栄養ツールは以下の4つとなります。

・栄養コンシェルジュ Text book.1

・栄養成分リスト

・食品カテゴリーマップ3種

・食品カテゴリーマップのマニュアル

第1日目の講義では最初に栄養コンシェルジュText book.1を用いてすすめます。

※講座は各日に専用テキストが配布され、栄養学を体系的に学んでいきます。第2日目には栄養コンシェルジュText book.2をはじめとした多くの資料が追加で配布されます。

栄養コンシェルジュのテキストはオールカラーで、本文・豆知識・図・表が盛り込まれた、栄養学を初めて学ぶ方でもわかりやすく、勉強しやすい構成となっています。

【第1日目:栄養コンシェルジュText book.1で学べる内容】

① 栄養学の基本中の基本となる「栄養とは?」からはじまります

五大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)とは何なのか?なぜ大切なのか?を、身体の仕組みと食物が持つ力を通して理解します。

食材(栄養素)の成り立ちから学べますので、栄養学を初めて学ぶ方や、一から学びなおしたい方でも安心です。

「いただきます」や「ごちそうさまでした」の語源の理解も容易となり、動植物への感謝の気持ちや、手間をかけて届けてくれた人たちへの感謝の気持ちを、食育の一環としてジュニアアスリートにも伝えられるようになります。

② 栄養とエネルギーについて学びます

例えば炭水化物の項目では糖質や食物繊維について、たんぱく質の項目ではアミノ酸や体タンパク質を、脂質の項目では脂肪酸やグリセロール、コレステロールについて学べます。

ボディメイクに不可欠な三大栄養素(エネルギー産生栄養素である糖質、たんぱく質、脂質)の生理機能、食材を学ぶことで、クライアントから受ける質問にも自信をもって回答できます

③ 身体の栄養学として「胃」や「腸」など消化管(内臓)を学びます

摂取した食物を消化・吸収するシステムを学ぶことで、「腸内環境のために○○食品を選ぶ」や「胃に負担をかけないように○○食品を避ける」など食品選択能力が向上します。内臓の機能を学び、減量や増量などボディメイクの実践力につなげます。

④ 消化管ホルモン(例:インスリン、GLP-1など)を学びます。

私たちの体の司令塔となる神経とホルモン。このうちホルモンは食事によりコントロールすることが可能です。

※例えば糖質食品を食べるとインスリンというホルモンを分泌させることが出来ます。

インスリンの効きが悪くなる「インスリン抵抗性」が原因の一つになる糖尿病など生活習慣病の理解が深まります

⑤ 老廃物(便や尿)について学びます。

老廃物である尿や便を学び、腸内細菌についての知識や脱水の知識を身につけます。

【まとめ】栄養コンシェルジュ第1日目では、「食品の知識(五大栄養素)」と「身体の知識(内臓やホルモン)」を学び、家族や友人、クライアントの目的にあった食品選択技術と教育力が身につきます

第1日目の講義では、①栄養コンシェルジュText book.1とあわせて②栄養成分リストを使って勉強をすすめていきます。

【第1日目:栄養成分リストで学べる内容】

栄養成分リストは食品のカロリーやその目安量、炭水化物、たんぱく質、脂質、コレステロール値などが記載された「栄養成分の辞書ツール」です。

栄養コンシェルジュでは、栄養学の勉強はもちろん、食品のカロリー(kcal)まで栄養成分リストを用いて学べます

例えば「たんぱく質が多い食べ物は?」や「マグネシウムが多い食べ物は?」など気になったこともすぐにこの辞書で調べることが可能です。

各栄養素ごとに、どの食べ物(食品)が一番多く成分を含んでいるのかがランキング形式で記載されています。例えばアスリートの骨折の治癒に必須のカルシウムが多い食材も、栄養成分リストを使えば一目でわかります。

食品カテゴリーマップは、食品に含まれる栄養成分のうち、最も多く含まれている栄養成分(主成分)の違いによって7つのカテゴリーに分けています。

食品が持っている栄養成分をカテゴリーで簡単に知ることができるため、子供の食事管理、健康管理、ダイエット、身体づくり、スポーツ、生活習慣病に対する食事管理など様々な場面で役立つ栄養サポートツールとなります。

わが国には2,000を超える食品が存在するので、数多くある食品を7つのカテゴリーで整理した栄養管理ツールがあると、毎日の食事管理やクライアント指導に役立ちます。

現場で活躍するトレーナーが絶賛するこのツールを、現場での栄養教育や毎日の食事管理に取り入れましょう☆

第2日目の講義内容

1ッ星栄養コンシェルジュ® 第2日目で学べる内容について

多くのツールを用いて、第1日目で修得した基礎知識を応用へとつなげます。さらに、カロリー計算の知識と技術を身につけ、家族や友人のカロリー設定を実践できる実習も行います。

講座第2日目に使用する栄養ツールは以下の5つとなります。

・栄養コンシェルジュ Text book.2

・食品分析ドリル

・食品分析ドリルの回答集

・食事管理のための演習ドリル

・食事ポーション管理早見表

第2日目の講義では最初に①栄養コンシェルジュText book.2を用いてすすめます。

【第2日目:栄養コンシェルジュText book.2で学べる内容】

① エネルギー代謝について学びます。

私たちの体のエネルギーを知ることは、絶食時や運動時のエネルギー代謝の理解につながります。筋収縮に必要なATP(アデノシン三リン酸)についても一から学べ、スポーツ栄養学にも応用できる知識を獲得できます。

アスリートサポートはもちろん、部活動に励む子供の食事サポートにも活用できます。

② エネルギー代謝のリズム(概日リズム)や基礎代謝について学びます。

エネルギー代謝のリズムを形成する体内時計(生物時計)について学びます。体内時計と栄養学を同時に学ぶことで以下の疑問が解決します。

「朝食は食べたほうが良い?」「夜ご飯は何時までに食べ終わるのが理想?」「一日何食がやせるのか?」「夜遅い時間に食べたら太る仕組みとは?」「夜勤など昼夜逆転の生活をしている人の食事の注意点は?

③ 体脂肪はどうやって増えるのか?どうやって減っていくのか?を学びます。

体脂肪(脂肪細胞)について学びます。ダイエット(減量)に必要な身体の仕組みを学ぶことで、自分自身の体重管理はもちろん、家族や友人、クライアントのダイエットサポートができるようになります。

④ 食品のエネルギー、カロリー計算、体重について学びます。

食品に含まれるエネルギー(キロカロリー)について基本をおさえていくことで、その後続くカロリー計算、体重管理方法の理解を深めます。栄養学を質と量の両面でサポートできます。

⑤ 食品カテゴリーの応用と水分摂取について学びます。

食品カテゴリーマップ®のカテゴリー1~7の応用を修得します。例えば、カテゴリー1の応用では「糖質制限のメリット・デメリット」など学ぶことができ、カテゴリー3の応用では「食べる順番」なども学べます。カテゴリー7の応用ではお酒の飲み方、太る仕組みも学べます。

「筋トレ後にお酒を飲んでもいいか?」「牛乳など乳製品のすすめ方は?」「肉と魚どちらがボディメイクにおすすめ?」「ローファット(低脂質)のメリットは?」などポイントをしっかりおさえていきます。

【第2日目:②食品分析ドリル、③食品分析ドリルの回答集で学べる内容】

栄養コンシェルジュ第2日目ではカロリー計算についても学ぶことができます。

食品栄養成分の分析技術(写真などで料理を見ただけで食品エネルギー量や栄養成分が把握できる技術)を修得します。

第1日目で配布される栄養成分リスト(栄養成分の辞書)を用いてすすめますので、カロリー計算をしたことがない方でも安心して取り組めます。

自分自身はもちろん、家族やクライアントの食事管理ができるようになります。

※実習になりますが専用テキストを用いて行いますので、オンラインでも問題なく修得可能です。

【第2日目:④食事管理のための演習ドリル、⑤食事ポーション管理早見表で学べる内容】

第2日目講座の最後は演習ドリルを使用し、様々な事例を通して目の前の人に合った「カロリー設定」や「食品アドバイス」の実習を行います。

身体活動・年齢・性別に合わせた食事管理方法を修得できるので、1ッ星コースが修了してすぐに栄養アドバイスや栄養サポートが可能になります。

2ッ星コースで学べる内容の詳細

2ッ星栄養コンシェルジュ® で学べる内容について

→2ッ星コースでは1ッ星コースの内容をふまえて、より深く専門的に栄養学を学びます。細胞レベルで栄養学を学びたい方、健康診断結果(血液生化学検査)を分析して家族やクライアントへ食事アドバイスを行いたい方、ボディメイク(骨格筋増量、体脂肪減量)について専門的に学びたい方に人気の上位資格です。

 

① 2ッ星コース第1日目では細胞レベルで栄養学を学びたい方におすすめです。

細胞分子、細胞内代謝、DNAと遺伝子、ミトコンドリア、糖代謝、脂質代謝、アミノ酸代謝、ケトン体、ビタミン、ミネラル、フィトケミカルなどについて理解し、様々な栄養コンサルティングに応用します。

【例えばこんなことが学べて理解できる☆】

糖質制限、ケトジェニック(ケトン体ダイエット)、ローファットダイエット、遺伝子から考える癌(がん)発症の仕組み、乳酸と疲労、糖質を食べたら太る仕組み、中鎖脂肪酸(MCT)の代謝、無酸素運動と有酸素運動の仕組み、肥満と食欲の関係、必須アミノ酸(EAA)とタンパク質代謝などなど☆

 

② 2ッ星コース第2日目では健康診断結果(血液生化学検査)によってわかる細胞の状態を読み解き、パーソナライズされた栄養コンサルティングを実践できるようになります。

食事、運動、睡眠、過労など生活習慣による影響が細胞にどのような負担がかかっているか、あるいは生活習慣病(糖尿病(血糖値)、肝機能、腎機能、高血圧(血圧)、脂質異常症(高コレステロール血症))、貧血、体格の原因を分析できます。

健康診断の結果が活用できていなかった方や、看護師、医師、管理栄養士、理学療法士、薬剤師など医療従事者に好評のカリキュラムです。

これまで体重や体脂肪率だけで食事サポートしていた方も、健康診断結果分析により目の前のクライアントに合ったパーソナルな食事サポートを可能にします。

 

③ 2ッ星コース第3日目ではボディメイク(骨格筋増量、体脂肪減量)や遺伝チェックについて学ぶことができます。

栄養カウンセリングの進め方、目標体重の設定方法、カロリー・各種栄養素設定の方法についてロールプレイに学びます。

 

2ッ星コースの内容について、本記事では紹介しきれないほど幅広く本質的な栄養学を学べるため、1ッ星コースから2ッ星コースの取得にほとんどの方が進学されています。

82%の方がセットコースでお申込みされています。

※受講料のセット割引あり

1ッ星コースまたは2ッ星コース終了後は栄養コンシェルジュ認定証栄養コンシェルジュバッジが手に入る☆

共に栄養で人と未来を輝かせていきましょう☆

資格の料金(受講料)と維持費用(登録料、年会費、更新費)

☑ 1ッ星コース(6時間×2日)

88,000円(税込)

☑ 2ッ星コース(6時間×3日)

198,000円(税込)

☑ 1ッ星&2ッ星セットコース(6時間×5日)

257,400円(税込)

1ッ星コースは1時間あたり 7,333円(税込)

2ッ星コースは1時間あたり 11,000円(税込)

1ッ星&2ッ星セットコースは1時間あたり 8,580円(税込)

※栄養関連の資格の受講料の平均を調べてみると1時間あたり約12,370円(税込)となっており、受講料も良心的であることがわかります。

 

おかわり受講(再受講):1日(6時間)あたり5,500円(税込)※1時間あたり916円

栄養コンシェルジュ取得者限定サロン:参加費無料(毎月開催)※アーカイブ配信あり

 

【維持費用(登録料、年会費、更新費)】

☑ 資格取得後の維持費なし!

☑ 資格登録料、更新費なし!

☑ 協会 入会費なし!

☑ 協会 年会費なし!

また、取得後に栄養コンシェルジュとして活動される際にもロイヤリティはございません。

資格を維持することが大変な方、資格を更新するのを忘れがちな方、取得後のランニングコストをおさえたい方にも安心いただいております。

予定に合わせてカスタマイズできる受講日程

・実地受講またはオンライン受講を選択可能

・日程のカスタマイズ可能

・振替受講が可能

 

☑ 栄養コンシェルジュ講座は全会場で振替受講やカスタマイズしての受講が可能です。

例えば、1日目を大阪のオンライン開催で受講いただき、2日目は東京のオンライン開催を受講するなど都合に合わせて調整いただけます。

 

☑ オンライン受講と会場受講を組み合わせることが可能です。

例えば1日目を東京会場で実地受講し、2日目は大阪の受講をオンラインで受講することができます。

 

☑ お申込み後に受講日や受講方法(実地・オンライン)の変更が必要となった場合でも、無料で変更(振替受講)が可能です。

体調不良や急な仕事が入った場合でも安心です。変更の場合は事務局までお電話やメールにてご連絡ください。

資格取得後のアフターサポート

栄養コンシェルジュ資格取得後は、以下の手厚い活動支援(アフターサポート)をご用意しております。

一回で学びきれなかったり、忘れてしまった場合でも手厚いサポートで生涯学習可能です!

【取得後の活動支援】

① 何度でも再受講ができる「おかわり受講制度」

② 毎月開催!栄養コンシェルジュ取得者限定「オンラインサロン」

③ 健康状態がレポートで届く「血液検査キット」

④ 栄養管理をサポートするアプリ「おむすび」

⑤ 代理店としてお取り扱いができる「粉野菜」

⑥ 栄養コンシェルジュとして働くことができる「Tabegram®」

栄養コンシェルジュ発足の背景(成り立ちとコンセプト)

栄養コンシェルジュは栄養学を誰もが学べるように、ヘルスケア現場で不可欠な栄養知識を網羅し、かつ、ダイエットや身体作り、スポーツ、健康管理・増進を実践することを目的にしたカリキュラムと教科書、豊富な応用ツールを用いて実践的栄養学の習得を目的に創設されました。

栄養の専門家である管理栄養士と出会うのはいつでしょうか?管理栄養士は病院等で栄養管理や給食管理、栄養食事指導に従事することから、出会うのは病気になった後や直前です。

この状態で管理栄養士に出会うのでは遅く、栄養学のリテラシーと技能を有する人材インフラが社会に必要と考えています。

人は生まれる前から生を全うするまで一生栄養管理(食事摂取)が必要です。

しかし、栄養を学ぶためには栄養士養成校に入学しないといけない状況でした。

栄養リテラシーは全人全世代のヘルスケアや食育、様々なライフシーンに不可欠にもかかわらず、栄養を体系化して学ぶにはハードルが高すぎるると感じていました。

栄養は病気の予防や治療だけでなく、トレーニングやスポーツ、保育、看護、主婦業などの専門技能と栄養技能を組み合わせることが圧倒的な効果を生み出すイノベーションのきっかけになります。

栄養コンシェルジュは、さまざまな職種における栄養技能の習得プログラムであり、多様な専門技能×栄養技能を発揮する次世代ヘルスケア人材であり、ヘルスケアから医療連携におよぶ全世代の心身の健康に貢献するため活動を続けています。

Nutrigenceスタッフ

Nutrigenceスタッフ

栄養や健康に関する最新情報をお届けするメディアサイトNutrigence®(ニュートリジェンス)スタッフです。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 食べ物
  3. セミナー
  4. 食品カテゴリーマップ
  5. 感想
  6. 野菜
  7. カテゴリー2
  8. 資格
  9. カテゴリー3
  10. トレーナー
  11. メディア
  12. 食品
  13. カテゴリー6
  14. レシピ
  15. カテゴリー1
  16. 栄養コンサルティング
  17. ダイエット
  18. 子ども
  19. 生活習慣病
  20. 五大栄養素
  21. 栄養学
  22. 管理栄養士
  23. 料理教室
  24. YouTube発信
  25. ポーション
  26. パーソナルトレーナー
  27. 理学療法士
  28. ミネラル
  29. 女性
  30. 栄養トレーナーコース
  31. リゾスポ
  32. 書籍
  33. スポーツ
  34. 食文化
  35. 食育
  36. 炭水化物
  37. カテゴリー5
  38. たんぱく質
  39. インストラクター
  40. 柔道整復師
  41. オンライン
  42. お酒
  43. スポーツ栄養実践アドバイザー
  44. 栄養コンシェルジュについて
  45. サラダ
  46. 栄養セミナー・講座
  47. 母子栄養
  48. 食物繊維
  49. 三幸学園
  50. 赤ちゃん
  51. 健康
  52. 三大栄養素
  53. ドレッシング
  54. 看護師
  55. 糖質
  56. ビタミン
  57. 調理師
  58. 鍼灸師
  59. インタビュー
  60. バスケットボール
  61. 主婦
  62. 妊娠
  63. 脂質
  64. 鶏肉
  65. アスリート
  66. メディカル
  67. 肥満
  68. シナプソロジー
  69. バレエ
  70. カルシウム
  71. ジュニアアスリート
  72. カテゴリー4
  73. ピラティスインストラクター
  74. 糖尿病
  75. 会社員
  76. 免疫
  77. 東洋医学
  78. 腸内環境
  79. カテゴリー7
  80. 加齢
  81. 商品
  82. 美容師
  83. 美容
  84. ネイル
  85. サロン
  86. ヘアケア
  87. 髪質
  88. エステ
  89. 美容サロン
  90. 専門学校
  91. カリキュラム
  92. 栄養コンシェルジュサロン
  93. 整体師
  94. 食品表示
  95. LINE公式アカウント
  96. 栄養士
  97. グルコース
  98. 介護福祉士
  99. 豚肉
  100. あん摩マッサージ指圧師
  101. 睡眠
  102. 高校生
  103. 主菜
  104. プロテイン