【管理 栄養士 監修】ぶりのカロリーや栄養、料理について栄養コンシェルジュがご紹介

12月20日が《ブリの日》となるのはなぜ?

ぶ(2)、りん→輪=0と読めること、ブリを漢字で書くと「鰤」となり、12月は「師走」とも呼ばれること。

以上のことから、12月20日が《ブリの日》としたそうです!

ぶりを使った料理には以下のように様々な料理があります☆

生:おさしみなど
蒸:酒蒸しなど
茹:ぶりしゃぶなど
煮:煮つけなど
焼:照り焼きなど
炒:バターソテーなど
揚:竜田揚げなど

 

また、石川県の郷土料理には「ぶり大根」という料理があります。

農林水産省のホームページ、うちの郷土料理によると、

石川県の伝統食材を語るうえで欠かせないのが、ブリである。初冬、「ぶりおこし」と呼ばれる雷が雷鳴を響かせる時期になると能登の内浦地区で定置網を使った本格的なブリ漁がはじまる。養殖のブリも一般的になったが、脂ののりや味、身のしまりは天然ブリが大きく勝っているといわれる。
厳冬期の寒ブリはとくに脂がのっていて、刺身で食べると醤油をはじくほどだという。暮れの祝いごとや贈答品に使われ珍重されており、“コゾクラ”、“フクラギ”、“ガンド”と大きさによって名前を変える出世魚のため、縁起物としても喜ばれる。江戸時代、とれたてのブリは、城下に出まわる前にまず藩主へ献上されたという。「ブリ一本、米一俵」ともいわれる高級食材で、庶民が口にすることは滅多になかったといわれている。

とのことです。

皆さんも冬の石川県を訪れた際にはぜひ一度ご賞味ください☆ 

ぶりにはビタミンDやビタミンB12が豊富!

ぶり100gに含まれるカロリーと三大栄養素は以下の通りです。

カロリー:222kcal
たんぱく質:21.4g
脂質:17.6g
炭水化物:0.3g

 

このようにブリはたんぱく質(身体を作る材料となる)を豊富に含んでいる食品です。

ブリ以外にもたまごや肉類(牛肉やハムなど)、豆腐にもたんぱく質は多く含まれています。

たんぱく質,ぶり,ブリ,鰤,納豆,たこ,ハム

またブリはビタミンD(カルシウムの吸収を助ける働きがある)ビタミンB12(赤血球を作る働きがある)を豊富に含んでいる食品です。

そこで20代女性がぶり100gを食べた場合に1日に必要なビタミンやミネラルをどのぐらい摂取できるのかまとめてみました。

鰤の栄養(ビタミン)ビタミンA ビタミンD ビタミンE ビタミンK ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン ビタミンB6 ビタミンB12 葉酸 パントテン酸 ビオチン ビタミンC
鰤の栄養(ミネラル)ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 鉄(月経なし) 鉄(月経あり) 亜鉛 銅 マンガン ヨウ素 セレン クロム モリブデン

充足率
ぶり100g食べた場合に20代女性が1日に必要な各栄養素をどの程度摂取できるかを示した割合。

*1 推定平均必要量:ナトリウム
*2 推奨量:カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素、セレン、モリブデン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンC
*3 目安量:カリウム、リン、マンガン、クロム、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸、ビオチン

日本食品標準成分表2020年版(八訂)、日本人の食事摂取基準(2020年版)から計算。

ぶりの栄養成分

ぶりはカテゴリー2Cに分類されます!

ぶりは食品カテゴリーマップの分類ではカテゴリー2Cとなります!

たんぱく質や脂質を含むところがカテゴリー2の特徴です。

ぶり以外にもあじやさばもカテゴリー2Cに分類されます。

カテゴリー2,たんぱく質,脂質,ぶり,ブリ,鰤,魚

ぶりを使ったぶり大根や照り焼きを食べて、たんぱく質を美味しく摂取しましょう☆

また、カテゴリー2のぶりだけでなく、カテゴリー1のおむすびやパン、カテゴリー3の野菜やきのこを食べて、毎食カテゴリー1・2・3が揃うようにしましょう☆

栄養コンシェルジュ講座への申込みや受講料の支払い方法が分からない、受講方法について相談したい、受講日程をカスタマイズしたいなどのご相談はいつでもお問い合わせください☆

お電話でのお問い合わせ
06-6599-9404
メールでのお問い合わせ
info@nutrition-concierge.com

栄養コンシェルジュの紹介資料はこちらからダウンロードできます☆
栄養コンシェルジュ紹介資料ダウンロードページ

土肥慎司

一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会

土肥慎司

ヘルスケア会社に勤務し、健康管理に関するシステムや商品の開発に携わり、
また専門学校にて栄養学の講師を担当。
その傍ら、スポーツ選手や保護者、スポーツ関係者への栄養セミナー、栄養サポートを展開。
自身も高校まで野球をしていた経験から、選手目線での提案を心掛け、
栄養士が考える100 点の食事を押し付けるのではなく、
選手や家族、チームのライフスタイルを踏まえたうえでのアドバイスに取り組んでいる。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 食べ物
  3. 食品カテゴリーマップ
  4. セミナー
  5. 感想
  6. 野菜
  7. カテゴリー2
  8. 資格
  9. カテゴリー3
  10. トレーナー
  11. メディア
  12. レシピ
  13. 食品
  14. ダイエット
  15. 生活習慣病
  16. カテゴリー6
  17. カテゴリー1
  18. 子ども
  19. 栄養コンサルティング
  20. 五大栄養素
  21. 栄養学
  22. 料理教室
  23. 管理栄養士
  24. パーソナルトレーナー
  25. ミネラル
  26. 理学療法士
  27. 女性
  28. 炭水化物
  29. 書籍
  30. ポーション
  31. YouTube発信
  32. オンライン
  33. たんぱく質
  34. インストラクター
  35. お酒
  36. 柔道整復師
  37. 食文化
  38. 栄養トレーナーコース
  39. リゾスポ
  40. スポーツ
  41. サラダ
  42. カテゴリー5
  43. 母子栄養
  44. 赤ちゃん
  45. 三大栄養素
  46. 食育
  47. ドレッシング
  48. スポーツ栄養実践アドバイザー
  49. 調理師
  50. 糖質
  51. ビタミン
  52. バスケットボール
  53. 鍼灸師
  54. 食物繊維
  55. 脂質
  56. 鶏肉
  57. 妊娠
  58. 三幸学園
  59. インタビュー
  60. シナプソロジー
  61. 主婦
  62. バレエ
  63. 栄養コンシェルジュについて
  64. 肥満
  65. ジュニアアスリート
  66. 看護師
  67. アスリート
  68. 健康
  69. 糖尿病
  70. カルシウム
  71. ピラティスインストラクター
  72. メディカル
  73. カテゴリー4
  74. 免疫
  75. 東洋医学
  76. 商品
  77. 会社員
  78. グルコース
  79. 整体師
  80. LINE公式アカウント
  81. 豚肉
  82. 介護福祉士
  83. 栄養コンシェルジュサロン
  84. 栄養士
  85. あん摩マッサージ指圧師
  86. カテゴリー7
  87. 食品表示
  88. 加齢
  89. 高校生
  90. 主菜
  91. プロテイン