【ボディメイクや増量中におすすめ 高たんぱく質野菜 TOP3】異化:カタボリックを防ぐ野菜、ブロッコリーのたんぱく質量は?、筋トレ・ワークアウト野菜、栄養コンシェルジュとベジ活、食品カテゴリーマップ カテゴリー3、タンパク質、管理栄養士 監修

【ボディメイクや増量中におすすめ 高たんぱく質野菜 TOP3】異化:カタボリックを防ぐ野菜、ブロッコリーのたんぱく質量は?、筋トレ・ワークアウト野菜、栄養コンシェルジュとベジ活、食品カテゴリーマップ カテゴリー3、タンパク質、管理栄養士 監修

たんぱく質は英語で「protein(プロテイン)」。ギリシア語の「プロティオス(意味:第一に大切)」が語源とされています。語源のとおり、筋肉や骨、血液の材料になったり、酵素やホルモンとして代謝を調節するなど必要不可欠な栄養成分です。
たんぱく質の必要量は、身体活動量が極端に不足した高齢者、激しいトレーニングを行うトレーニーでは増加することから、不足しないよう注意が必要です。
本記事では、野菜の中でも特にたんぱく質含量が多い野菜TOP3をご紹介します。ぜひ、高たんぱく食品である肉・魚・卵・大豆製品に加えて取り入れてみてください。

高たんぱく質野菜 第3位 モロヘイヤ

【モロヘイヤ/茎葉/生 の栄養成分 可食部100g】

エネルギー:36 kcal

たんぱく質:4.8 g

脂質:0.5 g

炭水化物:6.3 g

食物繊維:5.9 g

数値は日本食品標準成分表2020年(八訂)参考

たんぱく質に関する記事はこちら>https://nutrigence.jp/media/kiji.php?n=26

高たんぱく質野菜 第2位 ブロッコリー

【ブロッコリー/花序/生 の栄養成分 可食部100g】

エネルギー:37 kcal

たんぱく質:5.4 g

脂質:0.6 g

炭水化物:6.6 g

食物繊維:5.1 g

数値は日本食品標準成分表2020年(八訂)参考

高たんぱく質野菜 第1位 芽キャベツ

【めキャベツ/結球葉/生 の栄養成分 可食部100g】

エネルギー:52 kcal

たんぱく質:5.7 g

脂質:0.1 g

炭水化物:9.9 g

食物繊維:5.5 g

数値は日本食品標準成分表2020年(八訂)参考

ボディメイクや増量中におすすめ 高たんぱく質野菜 TOP3 まとめ

野菜は低カロリー、低糖質、低脂質であり、ビタミンやミネラルも補給できることから、健康管理や体重管理において積極的にとり入れたい食材にもかかわらず、現在、日本人の平均的な1日野菜摂取量は280gであり、厚生労働省が目標とする350g以上に達していません。

本日ご紹介した高たんぱく質野菜は、余分なカロリー、脂質、糖質を避けながらたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂取できる優秀な食材です。

たんぱく質必要量が増えるボディメイク・筋トレ実践者、不活発な高齢者、アスリート、成長期の食事管理で是非、本日ご紹介した野菜を取り入れてみてください。

野菜とダイエットに関する記事はこちら>https://nutrigence.jp/media/kiji.php?n=173

栄養学の資格「栄養コンシェルジュ®」気になる【内容・難易度・合格率・料金・評判・仕事】を解説します

野菜の栄養学も学ぶことができる栄養学の資格「栄養コンシェルジュ」講座全国開催中!

栄養コンシェルジュは、一般の方々はもちろん、医療従事者、アスリート、芸能人も取得する栄養学の資格です。

全国の専門学校の授業カリキュラムとして導入されており、さらに、病院で働く医療従事者のスキルアップやプロ野球チームにも導入されるなど高い信頼と実績があります。

そんな栄養コンシェルジュの気になる【内容・難易度・合格率・料金・評判・仕事】を解説します。

解説記事はこちらをクリック>https://nutrigence.jp/media/kiji.php?n=884

栄養コンシェルジュ紹介資料

ポーション研究所

一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会

ポーション研究所

【栄養コンシェルジュのポーション研究所】
栄養学の資格「栄養コンシェルジュ」が1ポーションの量など分かりやすく写真でお伝えします☆
管理栄養士と調理師の栄養コメント付きで一緒に学びましょう☆

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 食べ物
  3. セミナー
  4. 食品カテゴリーマップ
  5. 感想
  6. 野菜
  7. カテゴリー2
  8. 資格
  9. カテゴリー3
  10. トレーナー
  11. メディア
  12. 食品
  13. カテゴリー6
  14. レシピ
  15. カテゴリー1
  16. 栄養コンサルティング
  17. ダイエット
  18. 子ども
  19. 生活習慣病
  20. 五大栄養素
  21. 栄養学
  22. 管理栄養士
  23. 料理教室
  24. YouTube発信
  25. ポーション
  26. パーソナルトレーナー
  27. 理学療法士
  28. ミネラル
  29. 女性
  30. 栄養トレーナーコース
  31. リゾスポ
  32. 書籍
  33. スポーツ
  34. 食文化
  35. 食育
  36. 炭水化物
  37. カテゴリー5
  38. たんぱく質
  39. インストラクター
  40. 柔道整復師
  41. オンライン
  42. お酒
  43. スポーツ栄養実践アドバイザー
  44. 栄養コンシェルジュについて
  45. サラダ
  46. 栄養セミナー・講座
  47. 母子栄養
  48. 食物繊維
  49. 三幸学園
  50. 赤ちゃん
  51. 健康
  52. 三大栄養素
  53. ドレッシング
  54. 看護師
  55. 糖質
  56. ビタミン
  57. 調理師
  58. 鍼灸師
  59. インタビュー
  60. バスケットボール
  61. 主婦
  62. 妊娠
  63. 脂質
  64. 鶏肉
  65. アスリート
  66. メディカル
  67. 肥満
  68. シナプソロジー
  69. バレエ
  70. カルシウム
  71. ジュニアアスリート
  72. カテゴリー4
  73. ピラティスインストラクター
  74. 糖尿病
  75. 会社員
  76. 免疫
  77. 東洋医学
  78. 腸内環境
  79. カテゴリー7
  80. 加齢
  81. 商品
  82. 美容師
  83. 美容
  84. ネイル
  85. サロン
  86. ヘアケア
  87. 髪質
  88. エステ
  89. 美容サロン
  90. 専門学校
  91. カリキュラム
  92. 栄養コンシェルジュサロン
  93. 整体師
  94. 食品表示
  95. LINE公式アカウント
  96. 栄養士
  97. グルコース
  98. 介護福祉士
  99. 豚肉
  100. あん摩マッサージ指圧師
  101. 睡眠
  102. 高校生
  103. 主菜
  104. プロテイン