【タルタルソースも手作り!】やみつきチキン南蛮レシピ

【タルタルソースも手作り!】やみつきチキン南蛮レシピ

管理栄養士、栄養コンシェルジュ®の廣瀬直樹です!
本日はチキン南蛮のレシピを管理栄養士で調理師の土生亜衣先生に教えていただきます!
チキン南蛮といえば宮崎県!なんと、宮崎県が発祥の超美味しい鶏肉料理なのです!
そんながっつり食べられて、超美味しいレシピを是非試してみてください☆

やみつきチキン南蛮の材料

【準備する材料】

☑ 鶏肉:1枚(約300g)

※今回は鶏もも肉ですが、むね肉でもおいしく仕上がります☆

(鶏肉用下味調味料)

☑ マヨネーズ:小さじ2杯

☑ 料理酒:小さじ1杯

☑ きび砂糖:小さじ1/3杯

☑ 塩:少々

(衣)

☑ 小麦粉:適量

☑ 溶き卵:適量

 

甘酢の材料

☑ 米酢:大さじ3杯

☑ きび砂糖:大さじ2杯

☑ しょうゆ:大さじ1杯

 

タルタルソースの材料

☑ ゆで卵:1個

☑ 玉ねぎ:50g(1/4個)

☑ 生パセリ:5g

☑ マヨネーズ:大2

☑ レモン汁:小1

☑ お塩:少々

☑ ブラックペッパー:少々

☑ 糸唐辛子:少々(パプリカパウダーでもOK)

※上記は二人前の材料となります。

それでは早速調理に取りかかりましょう!

調理手順1:①~②(鶏肉の調理)

調理手順①:鶏肉の下処理をしたら、下味調味料に30分程度漬け込んでおきましょう。

【ポイント】

※鶏肉の下処理→キッチンペーパーで余分な水分をふき取る。焼き縮みを防ぐためにフォークを使って穴をあけておくなど。

※下味にマヨネーズを入れてるので、お肉が柔らかくジューシーに仕上がります☆

調理手順②:①の鶏肉に小麦粉をまぶしましょう。余分な小麦粉を落としたら、溶き卵にくぐらせてサラダ油で揚げていきます。

調理手順2:①~③(甘酢タレ)

調理手順①:甘酢調味料を耐熱ボウルに合わせておきます。

 

調理手順②:揚げた鶏肉を耐熱ボウルに入れて、500w・1分加熱しましょう。

【ポイント】甘酢調味料のお砂糖を溶かすためと、時短で甘酢の味を染み込ませるためです☆

調理手順3:①~③(タルタルソース作り)

調理手順①:固ゆでのゆで卵を作りましょう。

 

調理手順②:みじん切りをした玉ねぎに塩を少々ふり、時間をおいて出てきた玉ねぎの水分をキッチンペーパーでふき取ります。

【ポイント】水分を抜くことにより、玉ねぎの辛みを抑えることができます☆

 

調理手順③:全ての材料をボウルに入れて混ぜ合わせたらタルタルソースの完成!

調理手順4:仕上げ

調理手順①:鶏肉を食べやすい大きさにカットしてお皿に盛り付けて、タルタルソースと糸唐辛子を飾ったら完成☆

【タルタルソースも手作り!】やみつきチキン南蛮の栄養価

今回ご紹介したレシピの栄養価は以下となります。

【やみつきチキン南蛮の栄養価(1人分)】

エネルギー:556kcal

たんぱく質:31.5g

脂質:36.9g

炭水化物:18.7g

塩分:約2.4g

食物繊維:0.6g

 

【栄養管理のための食品カテゴリーマップと献立】

・鶏肉と鶏卵はカテゴリー2Dに分類されます

・マヨネーズはカテゴリー5に分類されます

栄養コンシェルジュ協会:食品カテゴリーマップの無料ダウンロードはこちら!をクリック

【タルタルソースも手作り!】やみつきチキン南蛮のレシピまとめ

本日はチキン南蛮のレシピをご紹介しました。

チキン南蛮は脂質が多い調理法のため、ダイエット中は蒸し鶏やシンプルなチキンソテーなどの調理方法がおすすめです☆

 

そして冒頭でも述べた通り、チキン南蛮は宮崎県が発祥とされる鶏肉料理です。昔、宮崎県で食べさせていただいたチキン南蛮は大変美味しく、今でも記憶に残っているほどです!

 

本レシピを試していただいた方も、そうでない方も、宮崎県に行った際は是非、本場のチキン南蛮も食べてみてください☆

 

【レシピ・写真:土生亜衣 TEXT・監修:廣瀬直樹】

土生 亜衣【Habu Ai】

土生 亜衣【Habu Ai】

管理栄養士、調理師、2ッ星栄養コンシェルジュ®
【プロフィール】管理栄養士免許を取得後、大手クッキングスタジオに勤務し料理の魅力を多くの方に伝えてきた実績を持つ。
『お料理を楽しもう!手作りは人をもっと幸せにする!』を思いに、食生活や手作りがもたらす「価値」を何より大切にし、現在は同クッキングスタジオにて栄養コンシェルジュの知識(栄養学)と調理師の技能(調理学)を融合した「結果も出る楽しい料理教室」をお客様へ提供している。
【得意料理】ハンバーグ、ピザ、ケーキ

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 勉強
  3. 栄養コンシェルジュ®
  4. セミナー
  5. 資格
  6. 生活習慣病
  7. レシピ
  8. 三大栄養素
  9. ダイエット
  10. スポーツ
  11. 五大栄養素
  12. お酒
  13. たんぱく質
  14. 炭水化物
  15. 女性
  16. 糖質
  17. 食品
  18. ミネラル
  19. バレエ
  20. 脂質
  21. 母子栄養
  22. ビタミン
  23. 糖尿病
  24. 子ども
  25. 栄養学
  26. 食物繊維
  27. 料理教室
  28. 赤ちゃん
  29. 鶏肉
  30. カテゴリー3
  31. 野菜
  32. 料理
  33. 枝豆
  34. アミノ酸
  35. 筋肥大
  36. 必須アミノ酸
  37. アスリート
  38. バスケットボール
  39. ジュニアアスリート
  40. 妊娠
  41. サラダ
  42. ドレッシング
  43. パーソナルトレーナー
  44. 食べ物
  45. 脂肪酸
  46. 食文化
  47. 調味料
  48. グルコース
  49. 食品カテゴリーマップ
  50. 時短
  51. 豚肉
  52. パスタ
  53. サバ
  54. 大豆製品
  55. 大豆
  56. カルシウム
  57. 宮崎県
  58. チキン南蛮
  59. 東洋医学
  60. メディカル
  61. トレーナー
  62. 砂肝
  63. 便利サイト
  64. 調理師
  65. 鉄火丼
  66. マグロ
  67. メタボ
  68. ピラティスインストラクター
  69. 理学療法士
  70. 高校生
  71. オンライン
  72. トレーニング
  73. カテゴリー2
  74. 体タンパク
  75. 主菜
  76. 管理栄養士
  77. 栄養士
  78. アミノ酸代謝
  79. プロテイン
  80. 筋トレ
  81. 看護師