バレンタインデーはなぜ2月14日?その起源や海外との違いについて解説!【管理栄養士と調理師の資格を有する栄養 コンシェルジュ 監修】

バレンタインデーはなぜ2月14日?その起源や海外との違いについて解説!【管理栄養士と調理師の資格を有する栄養 コンシェルジュ 監修】

2月14日はバレンタインデー!日本では、女性から男性にチョコレートをプレゼントする日とされていますが、実は海外では男性から女性に「愛を伝える日」として、プレゼントを男性から贈る国もあります。
私は小さい頃からのイメージとして「2月14日は男の子にチョコをあげる日!」というものでしたが、世界の人々にとって物凄く貴重な日であるという認識に変わっていきました。
本記事ではバレンタインデーの歴史や各国のバレンタイン事情についてお話します。

そもそもバレンタインデーの起源とは?

バレンタインとは毎年カップルが「愛を祝う日」とされています。

バレンタインの歴史はローマ帝国まで遡ります。当時、ローマ帝国は戦いの日々でした。皇帝であるクラウディウス2世は兵士が恋人と結婚することを禁止しました。その理由は守りたいものや帰りたい場所があると兵士の士気が下がってしまうと考えたからです。

そのような状況の中、キリスト司祭のヴァレンティヌスは、結婚もできないまま戦いへ送られる兵士が悲しんでるのを哀れみ、兵士のために結婚式を行っていました。しかしこれが、皇帝の耳に入ってしまい「二度とこんなことはするな!」と命令をされます。

ところが、ヴァレンティヌスは皇帝の命令に従わなかったために、最終的に処刑されます。国の圧力よりも愛を優先したということです。その処刑された日が2月14日だったことから、その日を彼への敬意を込めてバレンタイデーとしてお祈りするようになりました。

その後、恋人に結び付けられるイベントが始まり、バレンタインデーが「恋人たちの日」として世界中に広がったようです。※諸説あり

世界のバレンタイン事情に迫る

☑ アメリカ:「愛や感謝を伝える日」とされています。男女どちらかからという決まりはないですが、男性から花束をプレゼントしたり、贈り物をすることが多いようです。お互いに愛や感謝を伝える日として楽しまれています。

☑ フランス:「恋人たちのお祭りの日」とされています。アメリカと同様にどちらかからという決まりはないですが、贈り物は男性から女性に渡されることがほとんどです。ロマンチックな食事をしたり、映画やコンサートを鑑賞したりと、普段とは少し違った特別なデートをしてカップルで一緒に過ごします。

☑ イタリア:イタリアでは「恋人(愛する人)たちの日」とされています。プレゼントも男性から女性へ贈ることがほとんどで、定番の贈り物は花束です。特に赤いバラの花束が人気だそうです。

☑ フィンランド:アメリカ、フランス、イタリアとは違い、フィンランドでは「友達の日」とされています。友達と友情を分かち合いお祝いをする日なんです。フィンランドといえば、2022年世界幸福度調査で、なんと5年連続「世界で最も幸せな国」として選ばれた国です。日頃から友達や同僚、もちろん恋人同士などの関係を大切にしてることがわかります。メッセージカードもクリスマスについでバレンタインデーの日に多く活用されています。

☑ 韓国:韓国では「女性から男性にチョコのプレゼント」が定番で、日本とほぼ同じようです。違いとしては、大きなサイズの「バスケット」が人気で、バスケットの中にチョコレートをたくさん詰めて、華やかにラッピングをしたり、香水やぬいぐるみ、花束などを一緒に詰め込んで、ド派手な贈り物が主流なようです。義理チョコや友チョコも日本と同じようにあります。

日本におけるバレンタインデー

日本でのバレンタインデーの始まりはいつでしょう?

今では当たり前のようにチョコレートをプレゼントするのが主流になっていますが、元々のきっかけを作ったのは、なんと昭和11年!神戸の洋菓子店モロゾフさんが「バレンタインにチョコレートを贈ろう」と広告を出したことが始まりです。

「欧米では2月14日に愛する人に贈りものをする」という習慣を米国人の友人から聞き知った創業者が、この素晴らしい贈り物の文化を日本でも広めたいと考えたことがきっかけでした。

しかし、女性から男性にチョコレートを贈るイベントに定着するまでに、30年ほどの年月がかかったと言われています。

多くのチョコレート会社が「モロゾフ」に刺激を受けて「バレンタイデーにチョコレート」の販売戦略を進めていくうちに、今の形に広がったと言われています。

ホワイトデーというのも日本のお菓子メーカーがバレンタインに対するお返しの習慣を作るために発案しました。日本人の何かをもらったら、お返しをするという心遣いの風習から広まったと言えます。

今年もバレンタインデーをきっかけに、大切な方や日頃お世話になってる方へ感謝の気持ちを込めて、素敵な贈り物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

【TEXT:土生亜衣、編集:廣瀬直樹】

土生亜衣さん以外にも栄養コンシェルジュ取得者の活動をチェックして、栄養を副業や新しい仕事にするヒントを探してみませんか?

実際に栄養の分野で仕事を展開している活用例はコチラをご覧ください☆

-栄養コンシェルジュ取得後のご活躍-
セミナーやイベントでの講師活動
YouTube発信
栄養コンサルティング
メディア掲載
書籍関連

栄養 の 資格 で自分の 専門分野 と栄養を組み合わせる!

栄養コンシェルジュ講座への申込みや受講料の支払い方法が分からない、受講方法について相談したい、受講日程をカスタマイズしたいなどのご相談はいつでもお問い合わせください☆

お電話でのお問い合わせ
06-6599-9404
メールでのお問い合わせ
info@nutrition-concierge.com

土生 亜衣【Habu Ai】

土生 亜衣【Habu Ai】

管理栄養士、調理師、発酵食品ソムリエ、2ッ星栄養コンシェルジュ®
【プロフィール】管理栄養士免許を取得後、大手クッキングスタジオに勤務し料理の魅力を多くの方に伝えてきた実績を持つ。
『お料理を楽しもう!手作りは人をもっと幸せにする!』を思いに、食生活や手作りがもたらす「価値」を何より大切にし、現在は同クッキングスタジオにて栄養コンシェルジュの知識(栄養学)と調理師の技能(調理学)を融合した「結果も出る楽しい料理教室」をお客様へ提供している。
【得意料理】ハンバーグ、ピザ、ケーキ

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 食べ物
  3. 食品カテゴリーマップ
  4. セミナー
  5. 感想
  6. 野菜
  7. カテゴリー2
  8. 資格
  9. カテゴリー3
  10. トレーナー
  11. メディア
  12. レシピ
  13. 食品
  14. ダイエット
  15. 生活習慣病
  16. カテゴリー6
  17. カテゴリー1
  18. 子ども
  19. 栄養コンサルティング
  20. 五大栄養素
  21. 栄養学
  22. 料理教室
  23. 管理栄養士
  24. パーソナルトレーナー
  25. ミネラル
  26. 理学療法士
  27. 女性
  28. 炭水化物
  29. 書籍
  30. ポーション
  31. YouTube発信
  32. オンライン
  33. たんぱく質
  34. インストラクター
  35. お酒
  36. 柔道整復師
  37. 食文化
  38. 栄養トレーナーコース
  39. リゾスポ
  40. スポーツ
  41. サラダ
  42. カテゴリー5
  43. 母子栄養
  44. 赤ちゃん
  45. 三大栄養素
  46. 食育
  47. ドレッシング
  48. スポーツ栄養実践アドバイザー
  49. 調理師
  50. 糖質
  51. ビタミン
  52. バスケットボール
  53. 鍼灸師
  54. 食物繊維
  55. 脂質
  56. 鶏肉
  57. 妊娠
  58. 三幸学園
  59. インタビュー
  60. シナプソロジー
  61. 主婦
  62. バレエ
  63. 栄養コンシェルジュについて
  64. 肥満
  65. ジュニアアスリート
  66. 看護師
  67. アスリート
  68. 健康
  69. 糖尿病
  70. カルシウム
  71. ピラティスインストラクター
  72. メディカル
  73. カテゴリー4
  74. 免疫
  75. 東洋医学
  76. 商品
  77. 会社員
  78. グルコース
  79. 整体師
  80. LINE公式アカウント
  81. 豚肉
  82. 介護福祉士
  83. 栄養コンシェルジュサロン
  84. 栄養士
  85. あん摩マッサージ指圧師
  86. カテゴリー7
  87. 食品表示
  88. 加齢
  89. 高校生
  90. 主菜
  91. プロテイン