土用の丑の日の由来と食べ物|5分でわかる栄養コンシェルジュと探る食文化

なぜ「土用の丑の日」と呼ぶの?

土用とは「立春・立夏・立秋・立冬」の前18日間のことを指します。

そのため土用は季節の変わり目に該当すると言えます。

そしてこの土用の期間中の丑の日を「土用の丑の日」と呼んでいます。

夏のイメージが強い「土用の丑の日」ですが、春夏秋冬それぞれに「土用の丑の日」があることになります。

土用の丑の日は年に4回

夏の「土用の丑の日」は「立秋」の土用の期間の丑の日を指します。

そして丑の日とは何かというと、十二支の丑が割り当てられた日のことです。

十二支には12種類の動物がいるので、12日で1周して繰り返されていると考えられています。

土用の期間は18日あるため、その年によっては土用の期間に2回、丑の日が該当することもあります。

ちなみに2022年では7月23日(土)8月4日(木)が「土用の丑の日」となります。

2022年は土用の丑の日が2回

「土用の丑の日」にうなぎを食べるのはなぜ?

一体いつ頃からうなぎを食べていたかというと、万葉集に以下のような和歌が収められています。 

 

「石麻呂に 吾物申す 夏痩せに よしと云ふ物ぞ うなぎ取り召せ」大伴家持

 

この和歌の意味は「痩せているきみは、夏痩せにはうなぎを食べるといい」ということで、友人である石麻呂という人物に伝えた歌だそうです。

このようにずいぶんと昔から夏バテ対策に鰻を食べる習慣があったようです。

 

また夏にうなぎの蒲焼の売上が落ちることに困ったウナギ屋さんが平賀源内に相談し、「本日、土用丑の日」という形で宣伝したそうです。

するとこのウナギ屋さんが大繁盛し、他のウナギ屋さんもマネすることで次第に土用の丑の日にうなぎを食べることが定着したそうです。

ウナギの串焼き

うなぎ以外にも「土用の丑の日」に食べられるものはあるの?

土用の丑の日と言えば鰻!といったイメージですが、うなぎの他にも土用しじみ土用餅といった食べものも土用の丑の日には食べられています。

 

また土用の丑の日には頭に「う」のつく食べ物を食べる風習もあり、梅干しうどん牛肉(うし)などの食材も食べられてきました。

土用しじみ

ここでうなぎやしじみなど、土用の丑の日に食べられる食品を主成分ごとに分類されている食品カテゴリーマップではどこに該当するか確認してみましょう☆

カテゴリー1(デンプンが主成分)
うどん

カテゴリー2(たんぱく質・脂質が主成分)
しじみ、うなぎ、牛肉

カテゴリー3(ビタミン・ミネラル・食物繊維が主成分)

うどんは食品カテゴリーマップのカテゴリー1に分類、カテゴリー1はデンプンを含む食品が該当
しじみや鰻、牛肉は食品カテゴリーマップのカテゴリー2に分類、カテゴリー2はたんぱく質と脂質を含む食品が該当
ウリは食品カテゴリーマップのカテゴリー3に分類、カテゴリー3はビタミンとミネラル、食物繊維を含む食品が該当

土用の丑の日にはうなぎだけでなく、しじみなども食べて夏を乗り切りましょう☆

土肥慎司

一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会

土肥慎司

ヘルスケア会社に勤務し、健康管理に関するシステムや商品の開発に携わり、
また専門学校にて栄養学の講師を担当。
その傍ら、スポーツ選手や保護者、スポーツ関係者への栄養セミナー、栄養サポートを展開。
自身も高校まで野球をしていた経験から、選手目線での提案を心掛け、
栄養士が考える100 点の食事を押し付けるのではなく、
選手や家族、チームのライフスタイルを踏まえたうえでのアドバイスに取り組んでいる。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 食べ物
  3. 感想
  4. セミナー
  5. 資格
  6. 食品カテゴリーマップ
  7. トレーナー
  8. レシピ
  9. 野菜
  10. ダイエット
  11. カテゴリー2
  12. カテゴリー3
  13. 生活習慣病
  14. パーソナルトレーナー
  15. メディア
  16. 食品
  17. ミネラル
  18. 五大栄養素
  19. 女性
  20. 料理教室
  21. 栄養学
  22. 管理栄養士
  23. 理学療法士
  24. たんぱく質
  25. オンライン
  26. サラダ
  27. 三大栄養素
  28. 子ども
  29. 炭水化物
  30. 母子栄養
  31. 栄養コンサルティング
  32. ドレッシング
  33. 書籍
  34. 赤ちゃん
  35. インストラクター
  36. 調理師
  37. スポーツ
  38. 柔道整復師
  39. お酒
  40. バスケットボール
  41. ビタミン
  42. 糖質
  43. 脂質
  44. カテゴリー6
  45. シナプソロジー
  46. バレエ
  47. アスリート
  48. ジュニアアスリート
  49. 妊娠
  50. 食物繊維
  51. 鶏肉
  52. 鍼灸師
  53. カテゴリー1
  54. 糖尿病
  55. インタビュー
  56. ピラティスインストラクター
  57. 食文化
  58. 主婦
  59. スポーツ栄養実践アドバイザー
  60. 健康
  61. カテゴリー5
  62. 栄養トレーナーコース
  63. 三幸学園
  64. リゾスポ
  65. 東洋医学
  66. カルシウム
  67. 看護師
  68. メディカル
  69. カテゴリー4
  70. 商品
  71. グルコース
  72. 免疫
  73. 豚肉
  74. あん摩マッサージ指圧師
  75. 介護福祉士
  76. 栄養コンシェルジュについて
  77. 栄養士
  78. 会社員
  79. 高校生
  80. プロテイン
  81. 主菜