栄養コンシェルジュと探る『5月5日 端午の節句』の由来や食べ物について

栄養コンシェルジュと探る『5月5日 端午の節句』の由来や食べ物について

5月5日といえばこどもの日、端午の節句ですね。
端午の節句のルーツやよく食べられる食べ物に込められた意味を調べてみました。

なぜ「こどもの日」は「端午の節句」とも呼ぶの?

5月5日、子どもの日は小さな男の子がいるおうちでは五月人形を飾られているのではないでしょうか。

子どもの日は「端午の節句」とも呼ばれています。

ではなぜ「端午の節句」と呼ばれているのでしょうか。

 

「端午」とは、「初めの午(うま)の日」という意味があります。

5月の最初の午の日に端午の節句をしていたのが、午(うま)は五(ご)とも読めることから、次第に「端午の節句」は5月5日に行うとなったようです。

 

また3月3日は「桃の節句」として女の子の健康を願う日として定着したように、5月5日は男の子の成長を願う行事ということで「端午の節句」が浸透していったようです。

そんな端午の節句では鎧兜や菖蒲を準備します。

なぜ端午の節句では鎧兜や菖蒲、鯉のぼりを用意するの?

男の子を祝う行事である端午の節句では鎧兜や菖蒲、鯉のぼりを準備します。

それぞれどのような理由があるのか見ていきましょう。

①子どもの日に鎧兜を準備するのはなぜ?

男性は幼い頃に鎧や兜をこどもの日に飾ってもらったことがある人が多いのではないでしょうか。

なぜ鎧兜を子どもの日に飾るのかというと、鎧兜には「身に纏い身体を守る」ものということから子どもを事故や病気から守れるようにという願いを込めているからです。

子どもの安全を願う親の気持ちを鎧兜を飾ることで表現しています。

②子どもの日に菖蒲湯に浸かるのはなぜ?

また子どもの日には菖蒲湯に入る風習があります。

これは菖蒲には邪気を払うという考えがあり、身を清めるために菖蒲湯に入ることが定着していったようです。

桃の節句でも災厄を祓うことが目的の1つでした。

節目節目に行われる節句の行事は悪いものから身を守るために行っている伝統行事なんですね☆

③子どもの日にこいのぼりを飾るのはなぜ?

子どもの日にはこいのぼりを飾る習わしがあります。

これは鯉が沼などの環境でも生きることができる魚という特徴からきています。

ここからこどもがどんな環境でも耐えて立派に生きていけるようにという想いを込めて、鯉のぼりを飾るようになったようです。

端午の節句で柏餅やちまきを食べる理由は?

そんな端午の節句では柏餅やちまきが食べられます。

それぞれどのような想いが込められているのか見ていきましょう。

①子どもの日に柏餅を食べるのはなぜ?

柏餅に使われる柏は秋になっても葉が落ちず、新芽が出る頃にようやく葉が落ちるといった特徴があります。

このことから後継ぎができるまで葉が落ちない縁起の良い木と捉えられるようになったそうです。

そこで柏の葉でお餅を包み、男の子が元気に成長して欲しいという願いが込められるようになったようです。

これが子どもの日に柏餅が食べられる理由です。

②子どもの日にちまきを食べるのはなぜ?

子どもの日にちまきを食べる理由は中国から来ています。

中国の忠誠心の高い詩人が川に身投げをし、それを悲しんだ人たちがこの詩人が魚に食べられないようにとちまきを川へ投げ入れたそうです。

ここから中国ではちまきは忠誠心が高い象徴として考えられているそうです。

そして子どもが忠誠心を持って育つようにという想いから子どもの日にもちまきを食べるようになったそうです。

端午の節句では他にどんな食べ物を食べるの?

柏餅やちまき以外にもこどもの日では、カツオやブリ、たけのこが食卓に並びます。

これらの食品にも男の子に対する想いが込められています。

 

①カツオ
カツオは「勝男」と漢字で書くことができるため縁起が良いとされています。

②ブリ
ブリは出世魚ということもあり、男の子の出世を願って食べられます。

③たけのこ
たけのこはまっすぐ伸びていくことから、すくすく成長して欲しいという願いを込めてこどもの日の料理に使われます。

ここでカツオやブリ、たけのこを主成分ごとに分類されている食品カテゴリーマップではどこに該当するか確認してみましょう☆

カテゴリー2(たんぱく質・脂質が主成分)
カツオ、ブリ

カテゴリー3(ビタミン・ミネラル・食物繊維が主成分)
たけのこ

こどもの日にカツオやブリ、たけのこを食べて男の子の健やかな成長を願いましょう☆

土肥慎司

一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会

土肥慎司

ヘルスケア会社に勤務し、健康管理に関するシステムや商品の開発に携わり、
また専門学校にて栄養学の講師を担当。
その傍ら、スポーツ選手や保護者、スポーツ関係者への栄養セミナー、栄養サポートを展開。
自身も高校まで野球をしていた経験から、選手目線での提案を心掛け、
栄養士が考える100 点の食事を押し付けるのではなく、
選手や家族、チームのライフスタイルを踏まえたうえでのアドバイスに取り組んでいる。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 感想
  3. 資格
  4. セミナー
  5. レシピ
  6. 食べ物
  7. ダイエット
  8. トレーナー
  9. 生活習慣病
  10. 三大栄養素
  11. パーソナルトレーナー
  12. たんぱく質
  13. 五大栄養素
  14. 食品
  15. 母子栄養
  16. 野菜
  17. 料理教室
  18. お酒
  19. スポーツ
  20. 女性
  21. 炭水化物
  22. サラダ
  23. 赤ちゃん
  24. 糖質
  25. ミネラル
  26. オンライン
  27. インタビュー
  28. バレエ
  29. 子ども
  30. 脂質
  31. 栄養学
  32. ドレッシング
  33. ビタミン
  34. 管理栄養士
  35. バスケットボール
  36. 鶏肉
  37. 妊娠
  38. 食物繊維
  39. カテゴリー3
  40. 調理師
  41. メディア
  42. アスリート
  43. ジュニアアスリート
  44. 糖尿病
  45. インストラクター
  46. 柔道整復師
  47. 理学療法士
  48. スポーツ栄養実践アドバイザー
  49. 食文化
  50. 食品カテゴリーマップ
  51. 三幸学園
  52. リゾスポ
  53. 栄養トレーナーコース
  54. シナプソロジー
  55. 鍼灸師
  56. 東洋医学
  57. カルシウム
  58. ピラティスインストラクター
  59. グルコース
  60. 商品
  61. 豚肉
  62. 看護師
  63. メディカル
  64. 主婦
  65. カテゴリー2
  66. あん摩マッサージ指圧師
  67. カテゴリー5
  68. 介護福祉士
  69. カテゴリー1
  70. 健康
  71. カテゴリー4
  72. 高校生
  73. 書籍
  74. 主菜
  75. 栄養士
  76. プロテイン