管理栄養士で調理師の資格を持つ栄養コンシェルジュが、離乳食初期~中期で工夫しているポイントを紹介します

管理栄養士で調理師の資格を持つ栄養コンシェルジュが、離乳食初期~中期で工夫しているポイントを紹介します

本記事では離乳食についての工夫や気をつけているポイントを月齢に合わせてご紹介します。
丁寧に手間をかけて作ったけど食べてくれない…。
栄養が足りているか心配になる…。
心配ばかりの離乳食ですが、少しの工夫で解決することもありますので、本記事が少しでも皆様の参考になれば嬉しいです!

離乳食の必要性と開始するタイミングを紹介します

赤ちゃんの成長速度はとても早く、母乳や粉ミルクだけではエネルギーや各種栄養素の摂取が追い付かなくなってきます

つまり、乳汁にプラスアルファして固形物(離乳食)を試しながら取り入れていく必要があります。

開始時期は5か月~6ヶ月ごろと言われていますが、赤ちゃんの様子(成長段階)を見て進めていくことが大切です。

首が座っていること、パパ・ママが食べているのを見て興味を持っている、よだれが出ていることなどが開始時期のタイミングです

両手を繋いで嬉しそうな赤ちゃん

離乳食初期(5~6ヶ月/ゴックン期)に工夫していたこと

工夫①:素材の味を活かす

工夫②:飲み込みやすくとろみ付けをする

工夫③:食べることが「楽しい」という記憶にする

 

離乳食初期は、食の楽しさを身につける時期です。食事を家族一緒に楽しく語りかけながら食べていました。

この時期は味覚のベースが形成しはじめ、味に対しても一番敏感になる時期なので、不要な添加物などを可能な限り避けてあげることが大切です(成長してからの体質や食嗜好も、この幼少期の食物摂取が影響を及ぼす可能性があるようです)。

このことから、お野菜の本来の持つ甘みを活かすこと、お出汁をうまく使うこと、とろみ付けなどをして飲み込みやすくするなどの工夫をします。

そして、口の中に入れる物にも繊維質が少なく、食べやすさをしっかり意識してあげましょう。ブレンダーなどを活用して舌ざわりをなめらかにして、飲み込みやすくすることもポイントです。

離乳食初期のご飯
離乳食初期の食事(子どもの日のメニュー)、鯉のぼり
離乳食初期の食事

離乳食中期(7~8ヶ月/モグモグ期)に工夫していたこと

工夫①:主食・主菜・副菜のバランスを意識し始める

工夫②:舌でつぶせる固さに少しづつ移行(すりつぶし→みじん切りなど)

工夫③:後半は手づかみで食べる楽しさを

 

離乳食中期は、食感のあるものを楽しむのと、消化管も発達する時期なので、モグモグできるものに移行し、バランスを意識した2回食を定着させていきました。

作るポイントとしては、形状が変わることで口から吐き出してしまうこともあるので、赤ちゃんの反応に合わせて進めていくことが大切です。

好きな食材で固さの移行をしていくこともスムーズに進めることができるコツです。

食材を増やしたり形状が変わっていく過程で、便秘になることもあるので、さつまいもやバナナなどの食物繊維を取り入れたりすることもオススメです。

野菜の手づかみ食べでは舌でつぶせる固さでないとモグモグできないので、炊飯器などを活用して柔らかくしていました。

他には食べるタイミングは、おなかを空かせておくことも大切なポイントなので、授乳などは離乳食後にしていました。

離乳食中期のごはん、お花
離乳食中期の食事、星
離乳食中期のごはん
離乳食中期のごはん、魚

離乳食初期~中期の工夫まとめ

赤ちゃんにとって離乳食は初めて口にするものばかり。アレルギーに注意したり、与える量をコントロールするなど注意することはいっぱいありますが、大切なことは赤ちゃんの反応やペースを確認することです。

必要に応じて市販されている離乳食も上手く取り入れてオッケー!赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら進めていきましょう☆

次回は離乳食中期~完了期のポイントを紹介しますので、読んでいただけますと嬉しいです。

【写真・TEXT:土生亜衣 編集:廣瀬直樹】

手を繋いで眠る赤ちゃん

栄養コンシェルジュ講座への申込みや受講料の支払い方法が分からない、受講方法について相談したい、受講日程をカスタマイズしたいなどのご相談はいつでもお問い合わせください☆

お電話でのお問い合わせ
06-6599-9404
メールでのお問い合わせ
info@nutrition-concierge.com

土生 亜衣【Habu Ai】

土生 亜衣【Habu Ai】

管理栄養士、調理師、発酵食品ソムリエ、2ッ星栄養コンシェルジュ®
【プロフィール】管理栄養士免許を取得後、大手クッキングスタジオに勤務し料理の魅力を多くの方に伝えてきた実績を持つ。
『お料理を楽しもう!手作りは人をもっと幸せにする!』を思いに、食生活や手作りがもたらす「価値」を何より大切にし、現在は同クッキングスタジオにて栄養コンシェルジュの知識(栄養学)と調理師の技能(調理学)を融合した「結果も出る楽しい料理教室」をお客様へ提供している。
【得意料理】ハンバーグ、ピザ、ケーキ

SEARCH

CATEGORY

GROUP

よく読まれている記事

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 食べ物
  3. 感想
  4. セミナー
  5. 資格
  6. 食品カテゴリーマップ
  7. トレーナー
  8. レシピ
  9. 野菜
  10. ダイエット
  11. カテゴリー2
  12. カテゴリー3
  13. 生活習慣病
  14. パーソナルトレーナー
  15. メディア
  16. 食品
  17. ミネラル
  18. 五大栄養素
  19. 女性
  20. 料理教室
  21. 栄養学
  22. 管理栄養士
  23. 理学療法士
  24. たんぱく質
  25. オンライン
  26. サラダ
  27. 三大栄養素
  28. 子ども
  29. 炭水化物
  30. 母子栄養
  31. 栄養コンサルティング
  32. ドレッシング
  33. 書籍
  34. 赤ちゃん
  35. インストラクター
  36. 調理師
  37. スポーツ
  38. 柔道整復師
  39. お酒
  40. バスケットボール
  41. ビタミン
  42. 糖質
  43. 脂質
  44. カテゴリー6
  45. シナプソロジー
  46. バレエ
  47. アスリート
  48. ジュニアアスリート
  49. 妊娠
  50. 食物繊維
  51. 鶏肉
  52. 鍼灸師
  53. カテゴリー1
  54. 糖尿病
  55. インタビュー
  56. ピラティスインストラクター
  57. 食文化
  58. 主婦
  59. スポーツ栄養実践アドバイザー
  60. 健康
  61. カテゴリー5
  62. 栄養トレーナーコース
  63. 三幸学園
  64. リゾスポ
  65. 東洋医学
  66. カルシウム
  67. 看護師
  68. メディカル
  69. カテゴリー4
  70. 商品
  71. グルコース
  72. 免疫
  73. 豚肉
  74. あん摩マッサージ指圧師
  75. 介護福祉士
  76. 栄養コンシェルジュについて
  77. 栄養士
  78. 会社員
  79. 高校生
  80. プロテイン
  81. 主菜