【太ると病気になるのはなぜ?】日本人の死因の約6割を占める生活習慣病を知ろう

【太ると病気になるのはなぜ?】日本人の死因の約6割を占める生活習慣病を知ろう

2ッ星栄養コンシェルジュの廣瀬直樹です!
本日は、日々の生活習慣が一つの原因となり発症・進行する『生活習慣病』についてお話します!
生活習慣病は日本人の死因の大半を占める疾患なので、健康でいきいきとした生活を送るためにはその予防が何より大切です。
本記事でご紹介する予防のためのポイントをおさえ、是非日々の生活に取り入れてみてください。

体質と環境が原因で発症する生活習慣病とは?

生活習慣病は、日々の食生活、運動習慣、休養、ストレス、喫煙、お酒など生活習慣の乱れが原因で発症する疾患(病気)の総称です。

一昔前は「成人病」とも呼ばれていましたが、成人以外でも発症することがあることから1996年に厚生省(当時)が「生活習慣病」と改名し、広く知られるようになりました。

生活習慣病の発症は、生活習慣(環境因子)だけでなく、遺伝子(いわゆる体質)など先天的な影響も受けます。

すなわち、生活習慣病は生まれ持っての体質と毎日の生活習慣が引き金となって発症するのです。

様々な生活習慣病をご紹介!その予防は健康社会につながる!?

生活習慣病は体質や生活習慣が原因で発症する病気の総称です。

代表的な生活習慣病は以下となります。

☑ 2型糖尿病

☑ 高血圧症

☑ 脂質異常症

☑ 痛風

☑ 肥満症

☑ 動脈硬化

☑ 癌(がん)など

私たち日本人の死因の上位を占める癌、心血管疾患、脳血管疾患の発症に生活習慣病は深く関与することから、その予防は、私たちが健康で長生きするために取り組むべき課題の一つとなります。

もし、生活習慣病の予防ができれば、私たち一人一人の生活の質(QOL:quality of life)の向上はもちろん、国民医療費の削減にもつながり、本当に医療を必要とする人たちが気兼ねなく医療費を使える世の中になります(そうなってほしい)。

したがって、生活習慣病の予防は自分自身だけでなく豊かな国づくり(健康社会)にまでつながるのです。

では、上述した生活習慣病を予防するためにはどのようなことに取り組めばいいのか?

次の項目で確認していきましょう。

生活習慣病の予防のために取り組みたい生活

生活習慣病の発症に強く関与するのが「肥満」です。

※肥満とは慢性的に体脂肪(脂肪細胞)が過剰蓄積した状態

私たちの身体に蓄積した体脂肪は、アディポカインと呼ばれる生理活性物質を分泌します。肥満となりこの生理活性物質の分泌のバランスが崩れると様々な生活習慣病の発症リスクが高まります

例えば、体脂肪から分泌される「TNF-α(腫瘍壊死因子α)」と呼ばれる生理活性物質が産生されると、インスリン抵抗性を引きを起こすだけでなく、血管内に炎症を惹起(じゃっき)します。これにより血糖値が下がりにくくなり2型糖尿病発症のリスクが高まります。

また、「PAI-1(plasminogen activator inhibitor-1)」が産生されると血栓(血のかたまり)の形成が促進し、最終的に動脈硬化発症のリスクが高まるのです。

その他にも高血圧に関与する「アンギオテンシノーゲン」を産生するなど、肥満は様々な生理活性物質を分泌し生活習慣病の発症リスクを高めます。

要するに『病気になりたくなければ太りすぎるな』ということです。

日々の食事量や運動習慣を適切に管理することが、生活習慣病の予防につながるのです。

生活習慣病の記事まとめ

食の欧米化やライフスタイルの変化が原因で、日本人肥満者の割合は男性33%(3人に1人)、女性22%(5人に1人)と急増しています。

上述した通り、生活習慣病は肥満が強く関与するため毎日の食生活や運動習慣の見直しは必須です。

お菓子やジュースを控えたり、お酒を飲みすぎないようにする。

ウォーキングを始めたり、ジムに入会するなど、できることから少しずつライフスタイルを見直してみてはいかがでしょう。

一人一人の健康意識の向上は、きっと豊かな健康社会につながりますね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

【TEXT:廣瀬直樹】

廣瀬 直樹【Hirose Naoki】

廣瀬 直樹【Hirose Naoki】

管理栄養士、2ッ星栄養コンシェルジュ®、スポーツ栄養実践アドバイザー®
【プロフィール】大学を卒業後、病院の管理栄養士として生活習慣病、腎・肝臓疾患、外科領域の治療や予防的管理(NutritionSupportTeam)に取り組み、学会や論文として報告してきた実績を持つ。
現在はOriginal Nutrition(株)と栄養コンシェルジュ協会の運営に関わり、スポーツ専門学校での栄養学講師、行政と連携した乳幼児健診やシニアの栄養管理、アスリートサポートや執筆活動に取り組んでいる。
様々な専門家との連携による相乗効果で、目的に応じた結果の最大化を誰もが享受できる社会を目指し活動中。

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 勉強
  3. 栄養コンシェルジュ®
  4. セミナー
  5. 資格
  6. 生活習慣病
  7. レシピ
  8. 三大栄養素
  9. ダイエット
  10. スポーツ
  11. 五大栄養素
  12. お酒
  13. たんぱく質
  14. 炭水化物
  15. 女性
  16. 糖質
  17. 食品
  18. ミネラル
  19. バレエ
  20. 脂質
  21. 母子栄養
  22. ビタミン
  23. 糖尿病
  24. 子ども
  25. 栄養学
  26. 食物繊維
  27. 料理教室
  28. 赤ちゃん
  29. 鶏肉
  30. カテゴリー3
  31. 野菜
  32. 料理
  33. 枝豆
  34. アミノ酸
  35. 筋肥大
  36. 必須アミノ酸
  37. アスリート
  38. バスケットボール
  39. ジュニアアスリート
  40. 妊娠
  41. サラダ
  42. ドレッシング
  43. パーソナルトレーナー
  44. 食べ物
  45. 脂肪酸
  46. 食文化
  47. 調味料
  48. グルコース
  49. 食品カテゴリーマップ
  50. 時短
  51. 豚肉
  52. パスタ
  53. サバ
  54. 大豆製品
  55. 大豆
  56. カルシウム
  57. 宮崎県
  58. チキン南蛮
  59. 東洋医学
  60. メディカル
  61. トレーナー
  62. 砂肝
  63. 便利サイト
  64. 調理師
  65. 鉄火丼
  66. マグロ
  67. メタボ
  68. ピラティスインストラクター
  69. 理学療法士
  70. 高校生
  71. オンライン
  72. トレーニング
  73. カテゴリー2
  74. 体タンパク
  75. 主菜
  76. 管理栄養士
  77. 栄養士
  78. アミノ酸代謝
  79. プロテイン
  80. 筋トレ
  81. 看護師