【春のお魚】鰆(さわら)のマスタードクリームソースレシピ

【春のお魚】鰆(さわら)のマスタードクリームソースレシピ

管理栄養士、栄養コンシェルジュ®の廣瀬直樹です!
本日は春のお魚「鰆(さわら)」を使ったレシピを管理栄養士で調理師の土生亜衣先生に教えていただきます!
超美味しいので是非試してみてください☆

鰆のマスタードクリームソースの材料

準備する材料

【さわらのムニエル】

☑ さわら:2切れ(1切れ100g前後)

☑ 岩塩:適量

☑ ブラックペッパー:適量

☑ 薄力粉:小さじ1杯

☑ オリーブオイル:小さじ1杯

☑ 白ワイン:大さじ1杯

 

【マスタードクリームソース】

☑ 生クリーム:大さじ3杯

☑ 豆乳(牛乳でもOK):大さじ1杯

☑ マスタード:小さじ1杯

☑ コンソメ:3つまみ程

☑ 岩塩:適量

☑ ブラックペッパー:適量

☑ ピンクペッパー:適量

 

【ほうれん草のソテー】

・ほうれん草:50g

・オリーブオイル:小さじ1杯

・塩コショウ:適量

 

※上記は二人前の材料となります

それでは早速調理に取りかかりましょう☆

まずは鰆のムニエルに取り掛かりましょう!

調理手順①~③

調理手順①:さわらに塩を少々ふって、出てききた水分をペーパーで拭き取りましょう。

【ポイント】余分な水分が抜けて、臭みが取れます☆

 

調理手順②:岩塩とブラックペッパーを両面にふりかけましょう。

 

調理手順③:小麦粉をまぶしましょう。

※このとき茶こしを使うと小麦粉をきめ細かくふるうことができます。

【ポイント】小麦をまぶすことで旨味を閉じ込め、表面がカリっと香ばしく焼きあがります☆

調理手順④~⑥

調理手順④:フライパンにオリーブオイルをひいて温めたら、皮面からカリっと焼いていきます。

【ポイント】綺麗な焼き目がついて、盛り付けも綺麗に仕上がりますよ☆

 

調理手順⑤:皮面に焼き色がついたら、裏返して火を止めて、白ワインを入れましょう。

【ポイント】必ず火を止めてから入れましょう。火を止めないと蒸発したアルコールに引火してしまうからです。

 

調理手順⑥:再び火をつけて、さらわを蒸しましょう。

【ポイント】蒸すことで水分を逃がさず、ふわっと仕上がります☆

調理手順⑦~⑩

調理手順⑦:蒸している間に、ほうれん草のソテーを別のフライパンで作り、お皿の真ん中に盛り付けておきます。

【ポイント】さわらの土台になるように盛り付けるとよいですね☆

 

調理手順⑧:さわらに火が通ったら、盛り付けたほうれん草の上にのせましょう。

 

調理手順⑨:さわらを焼いたフライパンに、マスタードクリームソースの材料を全て入れて、軽く煮詰めて味を整えます。

 

調理手順⑩:さわらのまわりにソースを盛り付けて、最後にピンクペッパーを飾ったら完成☆

鰆のマスタードクリームソースの栄養価

今回ご紹介したレシピの栄養価は以下となります。

【鰆のマスタードクリームソースの栄養価(1人分)】

エネルギー:445kcal

たんぱく質:23.6g

脂質:37.0g

炭水化物:8.3g

塩分:約2.6g

食物繊維:1.5g

 

【栄養管理のための食品カテゴリーマップと献立】

・鰆はカテゴリー2Cに分類されます。

・ほうれん草はカテゴリー3に分類されます。

食品カテゴリーマップの無料ダウンロードはこちら!

春の魚「鰆」を使ったレシピのまとめ

鰆(さわら)は、体長1mになる大型魚です。ブリやスズキのように成長により名前が変わることから「出世魚」として知られ、大変縁起が良い魚です。

魚の中でも脂質が少ないため、今回のレシピのようにムニエルやクリームソースなど油と合わせた料理と相性抜群!

カルシウムの吸収を助けるビタミンDが多く含まれるため、骨を強くしたいシニアや成長期の子供には特におすすめの食材といえますね。

 

いかがでしたか?

是非、今夜は春のお魚「鰆」を美味しく楽しく調理してみてください☆

【レシピ・写真:土生亜衣 TEXT・監修:廣瀬直樹】

土生 亜衣【Habu Ai】

土生 亜衣【Habu Ai】

管理栄養士、調理師、2ッ星栄養コンシェルジュ®
【プロフィール】管理栄養士免許を取得後、大手クッキングスタジオに勤務し料理の魅力を多くの方に伝えてきた実績を持つ。
『お料理を楽しもう!手作りは人をもっと幸せにする!』を思いに、食生活や手作りがもたらす「価値」を何より大切にし、現在は同クッキングスタジオにて栄養コンシェルジュの知識(栄養学)と調理師の技能(調理学)を融合した「結果も出る楽しい料理教室」をお客様へ提供している。
【得意料理】ハンバーグ、ピザ、ケーキ

SEARCH

CATEGORY

GROUP

KEYWORD

  1. 栄養コンシェルジュ
  2. 勉強
  3. 栄養コンシェルジュ®
  4. セミナー
  5. 資格
  6. 生活習慣病
  7. レシピ
  8. 三大栄養素
  9. ダイエット
  10. スポーツ
  11. 五大栄養素
  12. お酒
  13. たんぱく質
  14. 炭水化物
  15. 女性
  16. 糖質
  17. 食品
  18. ミネラル
  19. バレエ
  20. 脂質
  21. 母子栄養
  22. ビタミン
  23. 糖尿病
  24. 子ども
  25. 栄養学
  26. 食物繊維
  27. 料理教室
  28. 赤ちゃん
  29. 鶏肉
  30. カテゴリー3
  31. 野菜
  32. 料理
  33. 枝豆
  34. アミノ酸
  35. 筋肥大
  36. 必須アミノ酸
  37. アスリート
  38. バスケットボール
  39. ジュニアアスリート
  40. 妊娠
  41. サラダ
  42. ドレッシング
  43. パーソナルトレーナー
  44. 食べ物
  45. 脂肪酸
  46. 食文化
  47. 調味料
  48. グルコース
  49. 食品カテゴリーマップ
  50. 時短
  51. 豚肉
  52. パスタ
  53. サバ
  54. 大豆製品
  55. 大豆
  56. カルシウム
  57. 宮崎県
  58. チキン南蛮
  59. 東洋医学
  60. メディカル
  61. トレーナー
  62. 砂肝
  63. 便利サイト
  64. 調理師
  65. 鉄火丼
  66. マグロ
  67. メタボ
  68. ピラティスインストラクター
  69. 理学療法士
  70. 高校生
  71. オンライン
  72. トレーニング
  73. カテゴリー2
  74. 体タンパク
  75. 主菜
  76. 管理栄養士
  77. 栄養士
  78. アミノ酸代謝
  79. プロテイン
  80. 筋トレ
  81. 看護師